スクラムのロール

スクラムのロールに関する説明です。

1. ロール http://www.flickr.com/photos/basictheory/4056636664/
2. プロダクトオーナー 製品に対して責任をもち機能 に優先順位を付ける スクラムマスター スクラムプロセスがうまく いくようにする。 外部からチームを守る ステークホルダー チーム (6±3 人 ) 製品の利用者、出資者、管理職 などの利害関係者。鶏と称す プロダクトの開発を行う。 製品の成功に向けて最大限 の努力をコミットする デイリースクラム プロダクトバックログ 製品の機能をストーリー形式で記載 プロダクトオーナーが優先順位を付け、プラ ンニングポーカーで相対見積もり。 項目の追加はいつでも自由だが実施有無や優 先順位は PO が決める。 毎日チームが以下の3つの質問に答える ・昨日やったこと ・今日やること ・困っていること バーンダウンチャート Done の定義 スプリントタスクの「推定残り時間」を 更新してグラフにプロットする 何をもって「完了」とするかを 定義したリスト スプリント計画会議 スプリント スプリント 最大 最大44週間までのタイムボックス 週間までのタイムボックス 各スプリントの長さは同一。この間は外部 各スプリントの長さは同一。この間は外部 からの変更を受け入れない からの変更を受け入れない タスク 時間で見 積もり 毎日の繰り返し スプリントバックログ そのスプリント期間中に行う タスクのリスト スプリントレビュー スプリント中の成果である 動作するソフトウェアをデモ する ふりかえり スプリントの中での改善事項 を話合い次に繋げる 出荷可能な 製品の増分 複数回スプリントを繰り返 す プロダクトバックログを再度分析・評価し、 そのスプリントで開発するプロダクトバック ログアイテムを選択する。また選択した項目 をタスクにばらす
3. プロダクトオーナー 製品の責任者 優先順位を決めたり見直す チームの成果を検証する
4. プロダクトオーナー 製品に必要な機能をとりまとめる リリース日とリリース内容を決める 製品が生む利益について責任を持つ プロダクトバックログを最新に保ち 機能の優先順位を定める 開発チームに供給する 機能と優先順位を見直す  作業の結果を受け入れる、 または拒否する スプリントを中止できる
5. プロダクトオーナーの役割 ( まと め ) プロダクトオーナーはプロダクト ( 製品 ) の成功についての責任がある。 プロダクト プロダクト ビジョンを作成し ビジョンを作成し ロードマップを管 ロードマップを管 理する 理する プロダクトバック プロダクトバック ログを整備 ログを整備※※する する (( グルーミング グルーミング )) リリース計画を リリース計画を 策定する 策定する ※ 優先順位付含む プロダクトの プロダクトの 出荷準備を行う 出荷準備を行う 予算を管理する 予算を管理する 顧客、利用者、内 顧客、利用者、内 部のステークホル 部のステークホル ダーと協調する ダーと協調する プロダクト プロダクト ビジョン ビジョン プロダクトオーナ ー プロダクト プロダクト バックログ バックログ プロダクト プロダクト ロードマップ ロードマップ スクラムマスター スクラムマスター やチームと一緒に やチームと一緒に 働く 働く リリース リリース バーンダウン バーンダウン
6. スクラムマスター スクラムプロセスをうまくまわす 外部の干渉からチームを守る 障害事項を解決する
7. スクラムマスター スクラムの価値とプラクティスの 実現に責任を負う 障害事項を取り除く スクラムプロセスを回し、外部から 外部の干渉からチームを守る チームを守り開発に集中させる チームが十分に機能し生産的で あることを保証する 全ての役割の人たちと密接な 協力関係を保てるようにする
8. チーム モノを作る 機能横断的で自己組織化されている 3〜9人でフルタイム参加
9. チーム 3~ 9 人 機能横断的 : プログラマ、テスター、 UX デザイナなど メンバーはフルタイムプロジェクトへ参加 出荷可能な製品を開発する チームは自己組織化されている 肩書はなし メンバーの交代はスプリントと スプリントの間のみ
10. 豚と鶏 PO と SM とチーム ユーザー、マネージャ 、ステークホルダー …
11. マルチタスクのムダ マルチタスクは脳にとってよくないことが 証明されている
12. 複数プロジェクトの兼任はムダ マルチタスクはストレスの原因になる マルチタスクはエラーを起こしやすい。 従って仕事の質が低下する タスクの切り替えは高コスト 中途半端なタスクは全て未完了 どうしても必要な場合は Timebox 化し並 列から直列へ
13. もしプロダク トオーナーが いなかったら どうなるか? http://bit.ly/suNm48
14. チームに関するよくある間違い チームのタスクの割り当てを管理者(ス クラムマスター含む)が行う チームの中にリーダーを設ける 開発メンバーが複数案件を兼任する スプリント中にメンバーの追加・入れ替 えを行う
No comments...
Attractor Inc. Founder / CTO / Agile Coach / Certified Scrum Professional / Certified ScrumMaster / Certified Scrum Product Owner Twitter : @ryuzee Web : https://www.attractor.co.jp/ Web : http://www.ryuzee.com/

Related Slides